Takako UMEHARA

Takako UMEHARA
I am a singer/songwriter/moutain dulcimer player/paiter. .... illustration by Takako UMEHARA

2011-12-29

diary: 29 Dec. 2011 来年もどうぞよろしくお願いします。


昨日は加藤喜一さんの飯田橋RAMLAライブに、あおやぎとしひろ氏(reso-phonic guitar, flat mandolin)とともに、歌とマウンテン・ダルシマーで参加させていただきました。
写真はHeart of Gold で、ダルシマーを弾いているところです。
お客様、RAMLAさん、スタッフさん、喜一さん、ありがとうございました。
3月は震災の影響で中止になってしまったり等この一年色々ありましたが、今年もおつかれさまでした。

私も昨日が今年最後のライブでした。今日はちょっとホっとして、身体に一年分の溜まっていた疲れがぐわわわん、と出たのか、ものすごくよく眠ってだいぶ寝坊してしまいました。
どこかで私のステージを観てくださった皆さん、いつも応援くださる皆さん、先輩・友達の皆さん、2011年もありがとうございました。
この一年はCD製作をしたり、それに伴ってなんのかんのずっと作っていて、思いっきり創作に打ち込んだ年でした。
きちんとパネルで絵を何枚か描きたかったのですが、それだけは時間がなかったので、残念。
来年はもっともっと精力的にやってゆけたら……!と思います。
それにはまず体力から!

喉風邪をひいてしまう方がまわりに多いようすで、私も先日から喉がイガイガしています。空咳だけ止まらない。
ショウガ丸ごとをぜんぶすって紅茶に混ぜて飲んだり、ネギを一束ぜんぶ鍋に入れてぜんぶがんばって食べてみたりしています。
皆さんもお体にお気をつけて。楽しい年末をお過ごしくださいね。
 
次回のライブ出演は1月15日(日)、at.西荻窪のみ亭 ひとり弾き語り藤井貴子ソロ・ライブです。良かったらおつまみ持って、お気軽に観に来てください。
また来年もよろしくお願いします。
良いお年を!

今日は一日中 Johnny Cash を聴いています。

2011-12-25

flyer: 15 Jan. 2012 Live at. 西荻窪 のみ亭



2012年1月15日(日)は、西荻窪にある小さな飲み屋さん[のみ亭]で、ひとり弾き語りソロライブを行います。チラシ完成!

2ステージ約2時間くらい、私がひとりでダルシマーやギターを弾いて歌って、ちょこちょこお喋りする、ほら穴のような暖かい場所[のみ亭]での生音ライブです。

曲をいろいろ準備中です。
日曜の夜ですが、お時間あればどうか聴きに来てください。
どうぞお気軽に!
ちなみに、チラシの写真の私は髪を切る前で、今はボブに近いショートカットです。

のみ亭はライブの日は食事メニューが無く飲み物の注文だけなので、各々お好きな食べ物を持ち込んでくださって大丈夫です。隣の方と分け合ったりしておつまみ交換するのも、のみ亭ライブの楽しさ。
そうそう、のみ亭の焼酎はサイズが大きいです。

[藤井貴子 ひとり弾き語り Solo Live in のみ亭]
2012年1月15日(日)西荻窪・のみ亭
杉並区松庵3丁目37-20・tel/03-3332-6708
start/19:30
charge/ ¥1000 + 要ドリンクオーダー
出演/藤井貴子(singing, mountain dulcimer, a.guitar, ukulele...)

藤井貴子 Live Schedule

2011-12-24

New Recording: The Children in December/ 12月のこどもたち

The Children in December/ 12月のこどもたち by Takako Fujii

song written by 藤井貴子 Takako FUJII
singing, acoustic guitar: 藤井貴子 Takako FUJII
12 atrings guitar, mastering: あおやぎとしひろ Toshihiro AOYAGI


皆さんこんばんは、今日はChristmas Eve!
今月作った新曲クリスマスのことを歌った曲のDemo音源をSound Cloudにアップしました。良かったら聴いてみてください。
お昼に自分の部屋で、小型録音機で一発録りした音源をあおやぎとしひろさんにデータ送信したら、早速楽器を重ねてマスタリングまで、高速で仕上げてくれました。

子どもも大人も歌えるクリスマスの新しい歌が作りたいな、と思って最近書いた曲です。最近の私にしては珍しく明るい調子で出来上がりました。
私はMartinギターをオープンチューニングで。
あおやぎさんは12弦ギターを弾いています。
まだつたない私の演奏 and クリックも使わず同時録音でも無いので若干演奏がズレてたり等色々してますが、Demoゆえご愛嬌!

祝祭の日、平和と新しい誕生の喜びを皆さんとお祝いしましょう。
Merry Merry Christmas !!

2011-12-18

diary: 17 Dec 2011 no.2

少女の頃からの友人なおみちゃんの旦那さんである金属造形のアーティスト丸山祐介さんの個展に行きました。
素材を活かした色彩がたいへん美しく、知性があってユーモアかつチャーミングな作品群。ほんとうにとっても素敵です。
目黒のギャラリーUでなさっていた個展は残念ながら昨日まで!
丸山さんの作品はご自身のweb site にたくさんupしておられますので、omaru house でぜひ見てみてください。
東京、横浜近辺、京都や広島でもよく展示されています。



2011-12-17

diary: 17 Dec. 2011

今日は日中冷たい風が止まず、とても寒かった。びゅーびゅー風に押されるように歩いて、駅前で大好きな立ち食い蕎麦をすすって暖まった。

音楽、今年はどれをよく聴いたかな……、
10月はBert Jansh も亡くなってしまい改めて彼のアルバムをよく聴いたし、Doc Watson、Nic Jones もよく聴きました。
それから Gillian Welch 、June Tabor それぞれの新譜も…、どちらも素晴らしい新作!
(結局のところ春に自分のCD[ #1 -early spring- ]の録音があったから、自分の録音物を一番聴いたかな?)

最近は電車の中では、Rachel's の1996年の作品[ music for Egon Schiele ]  をよく聴いていた。Piano, Viola, Cello で、凛とした光の中にいるように感じるとっても美しいコンテンポラリーな音楽。電車から見えるいつもの風景をまったく違うものに変えて見せてくれ、地獄のような満員電車の苦しみも吹き飛ばしてくれるような……。
piano の Rachel Grims のソロ作品もすごくおすすめです。
Rachel Grims のweb site で試聴が出来ます。




[#1 -early spring- ] Booklet 完成

予告していた【#1 -early spring- 】ブックレットが無事完成しました。
これはその表紙です。三つ折りタイプにしました。

このブックレットを読みながら [ #1 -early spring- ]を聴けば、CDをさらに楽しんでいただける、充実した内容に仕上がった気がしています!

〜3月くらいまでのキャンペーン期間中、私のライブ会場で[#1 -early spring-]をお買い上げくださいますとこのブックレットが付いてきます。
もうすでにお買い上げくださった方も、ライブ会場でお声がけくださればお渡しいたします(メールで一声かけていただいたら取り置きいたします!)。
部数無くなり次第終了します。
私の完全手作りなので、30部くらいしか作れなくって……。



【Booklet】内容=

・未掲載写真 数点
・「#1 新しい季節」藤井貴子 文
・「バックサポート及び録音エンジニアについての考察」あおやぎとしひろ 文
・収録曲について(藤井貴子による解説)
・収録曲の歌詞


自分で紙をハンズで買って、データ持って行ってキンコーズで印刷したのですが、紙がどんぴしゃだったのか、なんだか昔のレコードジャケットみたいな仕上がりになりました。
目がしょぼんしょぼんになるまで作業したので、たくさんの方々にお読み頂けたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!


(紙選びに付き合ってくれた東急ハンズ渋谷店の某店員さん、私の飛ばしたデータの印刷ひとつひとつを丁寧に作業してくれたキンコーズ渋谷店の某店員さん、忙しい中ありがとうございました)

2011-12-08

video: FRYING DUTCHMAN humanERROR



また涙が止まらなくなった。
FRYING DUTCHMANのこの曲、聴いてください。
FRYING DUTCHMAN [humanERROR]


(You Tube映像)


私たちは、このまま生きていけるのだろうか?
生きねばならない。
生きねばならないのだ……嘘、奢り、無関心を捨てて!!

diary: 8 Dec. 2011

前回お知らせした「#1 -early spring-」のブックレット製作、数日前に頼んだあおやぎさんの文章があがって来た。書き始めたら早かったそう。CDについて録音や機材がお好きな方、興味深い内容ですよ!お楽しみに。
おおまかなデザインはしてあるのですが、実はあとは自分の文章と、解説……。書いては消し、書いては消し。

私はたいがい自分のやることはフライング気味に言ってしまうので、ちゃんと今度のライブまでに完成形が仕上がるか……、しかも目前のライブで新曲もやろうとしているので、時間的に多少不安〜なのですが、絶対仕上げる決意ですので、次のライブ 12/16(金)は秋葉原駅昭和通り出口から徒歩30秒のDRESS AKIBA HALLへぜひお越し下さいませね。

ライブ会場で「#1」をご購入くださった方と、すでに「#1」をお持ちの皆様に、ブックレットを差し上げます! 


今日はJohn Lennonの命日、朝からラジオでたくさんジョン聴く。なんて素晴らしいミュージシャンだったんだろう。

それから、素晴らしいmountain dulcimer player ,偉大なる音楽家のJean Ritchieの89歳のお誕生日。Happy Birthday, Jean!

最近ようやくfacebook経由で知り、本当に残念でショックなのだけれど、Jean の旦那さんで、アパラチアの音楽シーンなどをたくさん記録して来た写真家の
George Pickow  が昨年12月10日に亡くなってらした。すごく悲しい。
Georgeさんは、妻Jeanさんレコードジャケット等多くの美しい写真を撮り、そのどれもが音楽を学術的に捉えるにあたっても貴重な資料となるものばかりです。ご冥福を心からお祈りします。

Jean Ritchie  [As I roved out (Field Trip-Ireland]
photo by George Pickow