Takako UMEHARA

Takako UMEHARA
I am a singer/songwriter/moutain dulcimer player/paiter. .... illustration by Takako UMEHARA

2012-03-31

diary: 31 March 2012 No.3


クリスマスにこれまたお友達からいただいたお菓子……DEAN & DELUCAで購入された美味しいキャンディ(……これも美味しすぎてすぐ食べ終わった)……の入ってた袋(白い部分)、何かを入れて使いたい、と思っていた。

これに、実家でもらって帰ってきた編み物棒を入れてみるとあと少し寸法が足りなかったので、使ってなかった布を継ぎ足し(上部灰色の部分)、キュッと口元をとじられる袋にした。
以前もらった別のプレゼントにかかってた白い丈夫な紐に、赤いアクセントを縫って、通してみた。
そして、
これまた以前いただいたインド紅茶の入っていた麻の袋、何かに使おうと残しておいたのを引っ張りだして来て、リリアンが入るくらいの長さにカット調節、後ろ側を折り返してふたになるようにし、前面に縫い付ける。

大むかしから裁縫箱の一番下に入れっぱなしだった赤い"裾上げテープ"を紐のようにしてふたに縫いつけ、冬物コートのスペアボタンに引っかけてとじられるようにした。
完成!

今年は編み物をしてみたくて棒を傍らに置いていたのだけど、どっかになくしてしまいそうだし、どうにかしてうまく保管しておきたかった。我ながら良い思いつきだった。
型紙も何も無く、行き当たりばったりでその都度考えながら、コツコツ赤い糸で手縫いしたのが楽しかった。

これから頻繁に使えそうなものが、 皆さんからのいただきもので出来上がりました。ありがとうございます。大切なお友達のこと、色々考えながら編み物しよう。うまく出来上がったら誰かにあげよう。何から始めようか、やっぱりミトンかな。

diary: 31 March 2012 No.2


以前友達がくれたデメルのクッキーの箱(美味しすぎて3日くらいでひとりでぜんぶ食べてしまいました)に入れている色鉛筆。
きれいに削りました。鉛筆も大量に削りました。美大受験生のようにもくもくと。
鉛筆削りをすると気持ちがスッキリします。

diary: 31 March 2012

嬉しいプレゼント!
仮装グッズをくれたのかなあ?と思ったら、ブックマークだった。
でもこの際だから、今度その子とお花見に行く時これつけて行っちゃおうかしら。

春はお別れの季節。いつもこの時期、大好きな花がたくさん咲いても、どこかさみしさがつきまとう。
会社や学校にいるとどうしても年末ではなく3/31という年度替わりが一年の〆のように感じる。(自営業の方ならば確定申告時期?)

昨日お別れとなった某氏。
藤井さん、今までありがとう、藤井さんはとにかく明るいから、この場所とみんなを明るく明るくしてくれました!
と言ってくださる。
うれしかったのと同時に、えっ私、明るかったのか!? と、人様から見たじぶんをいまあらためて知る。 あまり明るくないとばかり思っていた。
でも、私が明るい人だったとして、明るくさせてくれたのは、間違いなく某長や周りの皆さんなんだよね。笑顔のまわりには笑顔が咲く。

震災の当日、それからその後の混乱の中をいっしょに生きた人たちとの別れは、また、なんだか、いろいろ感じるものがある。
いまだって闘いはずっと続いているし、この一年のことはまだまだ言葉では言い表せない。でも、人々とのつながりは、より強くあたたかいものになった、ということは言っておきたい。
お別れした皆さん、こちらこそ本当にありがとうございました!


ようやく桜のつぼみのピンク色が見えて来た。
20年くらい前は4月8日の小学校入学式前後に満開だったから、むかしに戻ったようだ。
今日はたいへんな暴風。目も開けてられない。山手線も止まっている。
もうちょっと暖かくなって、この風がおさまってから、春の草花が咲きそろいますように。
春からの生活の中で、新しいひかりがみんなを照らし、個人個人がそれに気づくことが出来て、元気になりますように。
世の中が他者への愛のためにもっと行動していけますように。

私はじぶんの部屋の中で缶ヅメ。もくもくと作業している。愛のある作品が作れますように。


平成23年度が終わる…… 、この一年出会ったみなさん、ありがとう!

2012-03-29

photographs: March 2012

小さな薔薇型チョコレートが指輪入れみたいな綺麗な箱に入っていた 夢見心地なバレンタイン
おひな祭り 本当に代々受け継がれて来たお雛様たち

朝イチ、イノダコーヒー三条本店

初めて行ってみたリバーバンク とっても素敵な眺めと雰囲気
日本民藝館 素晴らしかったスリップウェア展

傘を忘れて帰ってしまい数日後取りに行く、いつの間にか梅が綺麗に咲いていた

いただきもの草花 春が来た!大喜びで飾る

2012-03-13

schedule: 22 March 2012 Live at. MANDA-LA2 吉祥寺


陽射しだけはなんとなく春めいてきました。
昨日3月11日、あの時間、皆さんと同じように黙祷しました。
もう一年経ったことが信じられません。
自分は変われただろうか、正しいことが出来ているだろうか、 ずっと考えています。ただひたすら愛の為に行動できたらいいのに。

また新しい季節に向かって、歌います。
どうか皆さん、年度末決済やなんやらで大変お忙しい事とは存じますが、
良かったら、お仕事帰りに聴きに来て下さい!

●2012年3月22日(木)吉祥寺・MANDA-LA2
武蔵野市吉祥寺南町 2-8-6 第18通南ビル地下・tel/0422-42-1579
open18:30/start19:30 

charge/¥2000+drink  
出演:
藤井貴子with あおやぎとしひろ
尾崎久美子(vo.pf)
ひだけいこ (vo.pf)

※私の出番は一番はじめの、19:30〜(40分間)です。 

2012-03-08

information: Takako FUJII's works & notes のこと

私の作成したチラシだけ載せたBlogページがあります。
良かったら見てくださいね。
チラシ作りに根性入れ始めたここ2年分くらいのをアップしています。

Takako FUJII's works & notes
http://takakosong.exblog.jp/

ART works 専用ページにしたいので、
日常のスケッチや軽いイラストなどもおいおい載せて行こうと思っています!

2012-03-06

Schedule: 15 April 2012 at. CheckerBoard 阿佐ヶ谷 GIG!!

3/22(木)吉祥寺MANDA-LA2ライブが目前に控えてるのですが、先に4月のお知らせ。

4/15(日)は阿佐ヶ谷のチェッカー・ボードというところで、お馴染み、るーずぱんてぃと一緒にライブします!
チラシを作りました。出演者全員集合です。
チラシは るーずぱんてぃ又は藤井貴子のライブ会場で貰えます!お気軽にお声がけください。

さらっとしたイラストで仕上げるつもりが、どこをどうしたことか、色々な路線を経由して、ものすごいギトギトの濃いタッチになってしまいました。マチエールもゴリゴリです。でもるーずぱんてぃの都さんも朋音ちゃんもあおやぎさんもこの絵を気に入ってくれたみたいなので、よしとしてみようかと思います…。


■2012年4月15日(日)阿佐ヶ谷・チェッカーボード
・杉並区阿佐谷南2-20-2-2F
・tel/03-3312-7974
・start/20:00
・charge/¥500 + 要ドリンクオーダー
・出演/るーずぱんてぃ (singing, guitar, drums)
           ×
          藤井貴子(singing, mountain dulcimer, guitar)
            (+あおやぎとしひろ reso-phonic guitar, Irish bouzouki)

diary: 6 March 2012

3月2日(金)秋葉原DRESS AKIBA HALLでのライブを観てくださった皆さん、ありがとうございました。
今日は激しい雨だからお客さんもそう入らないだろうな…とぼんやり思っていたところ、なんと某さんがお住まいの大阪から上京がてらご夫婦で立ち寄ってくださって感激!わざわざHPチェックしてきてくださったとのこと。数年ぶりの再会、私の歌を覚えててくださったなんて…。続けてたからこそ再会もあったわけなので、歌い続けてきて良かったな…。ライブってふとこんなこともあるので、面白い。


最近チラシを作っていました。張り切って絵を描いてデザインして…と部屋に缶詰めぶっ通しでご飯もろくすっぽ食べずに制作を続け、無事完成した時にふと鏡を見たら、「誰だコレは?!」
すっかり人相が変わってしまいました。
疲れを取らねば…。

2012-03-03

video: 加藤喜一 with 藤井貴子&あおやぎとしひろ Don't know why


12月の飯田橋RAMLAで、加藤喜一さんのライブに参加させていただいた時の映像です。 喜一さんがUPしてくださいました。
数ヶ月に一度バッキングボーカルとマウンテン・ダルシマーで演奏に参加させていただいてます。
この日も寒かったなあ……。