Takako UMEHARA

Takako UMEHARA
I am a singer/songwriter/moutain dulcimer player/paiter. .... illustration by Takako UMEHARA

2016-06-28

diary: June 2016

ちょっと日が経ってしまったのですが、お礼を兼ねましてのんびりと活動報告です。
 
●6月13日(月)は杉並区西荻窪にある美味しいご飯とお酒の<葉地>さんにて、田野崎文さんと 〜ゆるり投げ銭ライブ vol.2〜。
文さんと交代で、ぶらっと歌わせていただきました。
私はこの日はギターで弾き語り。
ご飯を食べに来て偶然ライブに出くわし聴いて行ってくださったお客様、多数。
そんな中暖かい目で迎えて頂き、じっくり耳を傾けて聴いてくださいました。
皆さま!本当にありがとうございました。
「季節野菜の揚げ浸し」、「鶏のからあげ」などなど、葉地さんのお料理を私もいただきました。とびきり美味しかったですね〜。


●6月15日は、某教育機関の<花の日礼拝>へ。
幼稚園生&保育士を目指す学生さん達、教職員の方々の前で歌とマウンテンダルシマーの演奏をしました。演奏曲は、トラディショナルソングと私のオリジナルを。
会場となった講堂はたくさんの美しいお花で飾られていました。
礼拝ですので、「さあ、花の日をお祝い出来ることを皆でお祈りしましょう」と先生が声を掛けたら、小さな子供たちがぎゅっと目を閉じ、祈りのために手のひらを組みます。純粋なその姿に非常に心をうたれ、演奏直前だというのに、わたくし涙がにじんでしまいました。
また、この日のために先生方が台や椅子などをセットして美しくあしらってくださった特設ステージ、とっても嬉しかったです。
帰り際には 小さな子供たちが、ダルシマー、ダルシマー、と言って手をふってくれて。マウンテンダルシマーに興味を持ってくれたみたいで、ほんとうに嬉しい限りです。いつか誰か、ダルシマーを演奏したい!!って言い出したりしないかな〜?と期待したりして。
演奏でお邪魔したとはいえ、みなさんといっしょにお祈りが出来、素晴らしい礼拝に参加させていただいたこと、感謝でいっぱいです。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。


●6月19日は高円寺のトラゲットさんにて、Cabbage & Burdockさんとクロスステッチ(acc.柿沼朋音 & g.梅原貴子)ライブ。お酒もお料理もリーズナブルで美味しく、店内は踊り出したくなるような外国のダンスホールのようなイメージがあって、思う存分音楽・ライブを楽しめる雰囲気に満ちてる素敵なお店でした。
(季節もののアレルギーで咳が出ていた私、体調が良ければガバガバ呑みたかった…!)
ジプシースイングの音楽に重点を置いたCabbageさんたち、ステージの練り上げが面白く、とにかく皆仲がとても良くて、ものすごく暖かい気持ちになりました。皆さん優しいレディ&ジェントルマンのバンド!
クロスステッチのことは「プラズマクラスタ級の癒し」と言ってくださって大爆笑。もうわたしたち別名はプラズマクラスタにしたいくらいです。
お世話になりました、ありがとうございました!

そうそう、お客様で来てくださった絵描きさん(←お名前です)が、この日のライブのためにこんな素敵な絵を描いてくださいました!↓
画 by 絵描きさん。 全員そっくり〜

以上、 こんなふうに6月は一週間続けてライブがあり、それ以降今日までは或るイラストのほうをやっています。
それにしても、最近は写真を撮るのをうっかり忘れてしまうことが多くって、なかなか記録写真が残せていないのですが、心に残る出会いは日々続いていまして嬉しいですね。
皆さんからいただく刺激が多く、歌もダルシマーもギターもより一層精進しないと!

ではまた新たなスケジュールを載せますが、twitterでの告知も多いので、お気軽にのぞいてくださいね。
これからもよろしくお願いします。


2016-06-12

information: 19 June 2016, with CABBAGE & BURDOCK



来週、2016年6月19日(日)19時からスタート
高円寺の traghetto トラゲット
CABBAGE & BURDOCK と2マンライブです!


どうぞお越し下さい〜。